リーマンショックと別の動きを見せるコロナショック

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの菊池です。5月25日付で緊急事態宣言が解除され、日本はこれから経済を動かしていくというところですね。 学校の休校も解除され、プロ野球も6月19日に開幕が決まりました。とはいっても、首相も再度「宣言」を出す可能性があることを示唆しながらでしたので、「第二波」を起こさないように気にしながらという形にはなりそうです。 さて、私はリーマンショックの少し前からこの仕事をしておりますが、市場の動きをみていて非常に不思議に感じることがあります。 それは「為替」です。今回のコロナウイルスでは為替の動きがほとんど見られないことです。 いつもなら「不景気=為替は円高に進む」という図式でしたが、今回は為替はほとんど動かず、株に至っては底を打った感じもあります。 ↓ここからは私の推測です。 リーマンショックと比較されることが多いコロナショックですが、その実は発端の違いから大きな違いが出ているのではと思っています。 金融不安(不信)から始まったのがリーマンショックでしたので、為替や株は長きにわたって低迷しました。一方、コロナショックは実体経済への不安が発端となっております。このそもそもの原因が大きな違いになってるのではないでしょうか? 株価の動きを夫婦に例えるとリーマンショックは「浮気された」ようなもので、浮気された後は何をしても人として信用を回復までは時間がかかるけど、コロナショックは「パートナーが大けが」をしてしまったようなもので、それによって仕事が出来なくなったことはしょうがなく、気を付けて欲しいけど、人としての信頼はしている状態。 …という、例えたのに分かりづらいものしか思いつきませんが…(- -;) ただし、今まで書いてきた推測も為替次第です。為替が大きく円高になると、株は再び下がりいわゆる「二番底」になる可能性があります。

夏の甲子園中止と『7つの習慣』

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの菊池です。5月10日のブログ「プロ野球開幕」で甲子園のために6月19日に開幕にしたのかも!と言ってしまいましたが、残念ながら夏の甲子園も中止が決定してしまいました…。 私は野球は小学校3,4年生の時にしかやっていないのですが、高校野球は好きで、特に『熱闘甲子園』を毎年見て、涙を流しています。それだけに、中止の決定は非常に残念です。 夏の甲子園中止を受けて今年から西武ライオンズに戻った松坂大輔投手が「出来ることは何か」を大人がアイデアを出し、実行してほしいとコメントを発表しました。本当にその通りだと思います。これは野球やスポーツに限った話ではなく他の競技やイベントなども「何か出来ることを模索すること」は大事だと思います。 また、私たちも与えられた環境下の中で、○○はできないけど△△なら出来ると考えることは重要です。 影響の輪と関心の輪 『7つの習慣』という超有名な本に「影響の輪と関心の輪」という話があります。日本でも200万部を突破し、漫画になったりしているので読まれたことがある方も多いかもしれませんね。 「影響の輪と関心の輪」を解説いたしますと私達が生活していく中で、様々なことに関心を持ちます。それを2つに分けると「自分がコントロールできること」と「自分ではコントロールできないこと」に分かれます。 「変えられるもの、影響できること」=影響の輪「変えられないもの、影響できないこと」=関心の輪です。 7つの習慣では、「関心の輪に意識を集中すると、影響の輪が小さくなり、影響の輪に集中すると、影響の輪が大きくなる」と言われています。 変えられないこととは、過去や大きな事柄、他人です。変えられることは、未来と自分自身です。例えば、「コロナウイルスのワクチン開発」に対して、私も関心はありますが、少なくとも全く影響を及ぼすことは出来ません。でも、「今のコロナウイルスの支援政策を理解して、発信すること」や「家計見直しをすること」で経済的に人を助けること(影響の輪)はできます。 自粛しているのにズルイ!と考える人もいたり、それを鬼の首を取ったように報道されたりしますが、残念ながらいくら憤ったところで、事実(過去やら他人)は変えられません。 幸い日本は法律の関係上、他国と違ってロックダウン(強制的な外出禁止)ではなく「自粛」です。つまりそこには主体性が残されている、個人で考えてねというメッセージだと思っております。 それなら、今の環境下で自分が楽しみ、今の環境下で出来ることを増やせれば(例えば資格のために勉強するとか、楽器を始めるとか、漫画を大人買いするとか)きっと、より主体的に楽しむ選択肢が増えるを選択できるのかな、と思います。 ちなみに、影響の輪(自分が出来ること)に集中すると、主体性がひろがり、より出来ることが増えていくそうです!確かに、楽しそうに生きている人ってバイタリティがある感じがしませんか?

レナウン民事再生とソフトバンクグループの赤字

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの菊池です。5月15日、アパレルの大手、レナウンが民事再生法の申請をいたしました。負債総額は138億円。民事再生手続開始等に関するお知らせ(レナウンHPより)『アーノルドパーマー』というカラフルな傘をロゴにしたものブランドを手掛けていた会社ですね。 レナウンが民事再生を行った理由を見てみると2019年12月の決算までに巨大な売掛金(53億円)を回収できなかった(※1)ことが決定的で、その後コロナで営業できなかったことが追い打ちになったようです。(※1)売掛金が回収できないとは…シンプルに言うと「ツケ」を払ってもらえなかった。 レナウンは元々「東証一部」に上場しており、2020年6月16日に上場廃止予定となっております。上場は、大抵「マザーズ → 東証二部 → 東証一部」とステップを踏みながら上場するのですが、レナウンのような大きな企業はいきなり一部上場します。レナウンの場合は2004年に東証一部に上場(IR情報より)しました。 先述した民事再生のpdfを読むと、レナウンは元々苦戦をしていたような記述がありました。レナウンは比較的高級な路線があだとなり、ユニクロやGAPなどのファストファッションに押されてしまい、2010年に中国の企業に買収されていますね。結果、中国の親会社が「ツケ」を払えなくなったことが今回の民事再生に大きく関わっています。(割愛しますが親会社とのトラブルが続いております) 民事再生=倒産ではないので、これから再建を目指すようですが、そもそも親会社も苦戦をしてしまっているので、親会社もレナウンの売却を考えているみたいです。今後は新しいスポンサー(親会社)を探す必要がありそうです。 ソフトバンクは大丈夫? ソフトバンクは5月18日に今年3月期の決算が「1兆3646億円の赤字」であると発表しました。NHKニュースより先ほどのレナウンは138億円の負債で民事再生。その100倍ぐらいの数字です。ソフトバンクは大丈夫?と思う方も多いでしょう。 ソフトバンクがレナウンと違うところはソフトバンクの赤字は株価の値下がりのよるものです。(ソフトバンクの実業(携帯)は順調です。)つまり、孫さんの投資の失敗です。 日本では言わずと知れた携帯3大キャリアの一角を担うソフトバンクですが、会長の孫さんは投資家としても有名です。孫さんが投資家としてソフトバンクの子会社を作って、そこで買った株が大きく値下がりしたことが今回の赤字の要因です。 既にアリババという中国版「アマゾン」の株を売却(銘柄は明示していませんが)して対処をすることを発表しております。今後、ソフトバンクが民事再生になるかどうかでいうと民事再生をの要素はありませんが、孫さんは「安く買って高く売ろうとする」を地でいってる感があり、投資家というより買収屋?のイメージが色濃く出ている印象です。「昨年うまくいったから、今年もうまくいくだろう」という考えで大きく失敗しました。新興国やベンチャーをいち早く見つけ、安く買い、高く売る。を繰り返しています。昔々アマゾンが小さな会社だった時に孫さんが資金が足りなくて買えなくてその後、世界的企業になって後悔したことを根に持っているのですかね。 先ほど、本業の携帯と紹介しましたが、昨年12月の決算発表時に「ソフトバンクの本業は投資だ」と言い切ってしまった孫会長。かといってウォーレン・バフェット氏の「バークシャーハサウェイ」のような完全な投資会社になりたいようにも思えません…。 私には孫さんのビジョンは全く分かりませんが、孫さんの生い立ちやエピソード、その後の半生に触れることで感じたことは、孫さんの素晴らしいところは、とても素直なところです。素直だから、素直に失敗したことは受け止め反省しすぐ次の行動に移せる。元来、60歳を超えると(孫さんは62歳)頑固になり、なかなか自分の非を認めることは難しいですよね。(色々な国の元首の発言で感じることが多いと思います。) また、孫さんだけではありませんが、優秀な経営者の方は「今、自分に出来ることは何か」を常に実行しています。誰かに何かを与えてもらう(守ってもらう、助けを待つ)のではなく、自分自身で積極的に行動し、自分が思いつく最大限の解決策を実行する。それは必然的に自分(の可能性)を信じることにもつながるのではと思います。 現在、日本の会社では世界の時価総額ランクベスト50にトヨタ自動車の1社しか入っていません。30年ほど前はベスト50に30社以上、日本の会社が入っていた時期もありました。(しかもベスト10はほとんど日本)「投資なんて虚業」と、多くの方から言われていると思いますが、孫さんのような経営者が日本の会社の価値を高め、日本に元気を与えてくれるような存在になればいいなと思います。

一括運用の注意点

こんにちは、菊池です。 株価が下がってくると「今、底だと思うので買うなら今ですよね?」ということを良く言われます。 「積立」にとっては「今がチャンス!」という絶対的なタイミングはありませんが「一括」の場合は、商品選定の次に重要なのがタイミングです。 ただし、積立での運用と大きく違うところがあるので一括で投資(運用)を考えられている方は注意が必要です。 一括運用での注意点 運用する際最も大事なことは「どのような商品であるか」は疑う余地はありません。特に一括運用の商品で大事なところは、次の点を備えているかどうかです。 下がりにくい仕組みがあるかどうか 下がりにくい(減りにくい)仕組みとは 一括運用の商品説明(パンフレットなど)で大きく表記されることは「増え方」であることは当然です。ただし増えるかどうかは、もちろん実際運用してみないとわかりません。特に大きく増える可能性がある商品は、大きく減る可能性がある商品だという、表裏一体になっております。 株の現物買いや信用取引のような自分自身で判断するものなら当てはまりませんが、運用担当がいるような商品でお任せで運用をする場合、最も大事なことは下がりにくい工夫をしているかどうかです。これは、「いくら増える」ということ以上に大事な要素です。なぜなら、下がった割合と同じ割合上がっても元の値には戻らないからです。 分かりにくいかもしれませんので、上の図を確認いただければと思います。5月に100円だったリンゴが6月に半額(50%)になりました。ところが、7月になる50%上昇しました。 価格の推移では5月:100円→6月:50円(前月比50%DOWN)→7月:75円(前月比50%UP)となります。 一括運用の場合、途中の運用は関係なく運用成績は価格がすべてです。例えば、5月に30,000円のリンゴを購入した場合、リンゴは300個購入ができ、7月にリンゴを売ると300個×75円=22,500円で7500円の損失が出てしまいます。(一方、1万円ずつ3か月間の積立なら約2,500円利益が出ます。) 使ったお金 保有個数 売却価格 売却額 損益 一括 30,000円(5月に一括) 300個 75円 22,500円 ▲7,500円 積立 30,000円(5,6,7月に1万円ずつ) 433.333…個 75円 32,500円 +2,500円 わずか30,000円の運用を比較した場合、一括と積立の損益で10,000円の差がつきました。 下がった後、同じ割合分上昇しても元の値には戻らないので、下がりにくい工夫がされているかどうかは、一括運用にとっては重要です。 ただし、それでもコロナウイルスのような時は下がることもあります。トータルで資産を減らさないために、積立のような下がってもメリットのある仕組みも併用して使うことをお勧めいたします。

プロ野球開幕

6月19日にプロ野球が開幕するというニュースが出てきました。賛否あると思いますが、個人的には英断だと思います。 野球は日本では国民的なスポーツなので、野球が始まるということは、他のスポーツも始めやすくなりますね。Jリーグやラグビーなど、外でやるスポーツから始めていくのかなと思うとワクワクします。高校野球の夏の甲子園はどうでしょうか。 もしかすると今回のプロ野球の6月19日という開幕の時期が今月末で緊急事態宣言が解除されて6月から高校球児も部活ができるようになり、夏の甲子園の県予選に間に合わせる可能性を残すためにその日を選んだのかなと考えると感慨深いものを感じます。(5月20日18時に中止発表)実際にはいくつものハードルがあると思うのですが、こんな時期に誰かのために行動を起こすことが出来たら素晴らしいですね! 野球だけではなく、他のイベントも100%の状態で始めることは今年は難しいかもしれませんが、各団体が知恵を絞って出来たらいいですね。卓球やバレーなど屋内スポーツも、今年だけは天候条件見て外でやるとか…。 野球は、個人的に広島カープの前田智徳(元)選手が好きで、球団としてもカープは弱い時から好きなのですが、今年はもう、カープの順位や勝敗以上に始まることが嬉しいです。

実体経済から離れる株価

日経新聞の記事によると2020年1~3月の米国のGDPはー3.5%となっており、4~6月はー40%の予測も立てられております。リーマンショック時には2008年10~12月のー8.4%となっておりますので、今回のコロナはリーマンショックの時と比べ物にならないぐらい大きな影響を受けております。 失業率も大幅に上昇しました。4~6月は14%まで上昇すると見られております。コロナの問題が起きるまでは、50年ぶりのの低水準の失業率(3.5%)と言われトランプ大統領も鼻息荒く主張していましたが、一気に4倍です。米国で景気が悪いと判断されるのが6%を切るかどうかというところなので失業率が14%まで上がるとみられるのは、本当に異常事態です。 米国は失業率と個人消費で景気を判断する傾向にあります。失業率は異常なほど上がり、個人消費は「stay home」で当然冷え切っております。 このような状態で、株価が大きく下がらないのが非常に危険です。 世界の投資家はどうも株へ過度の信用をしてしまっているように感じます。本日、日経平均は再び2万円の大台に乗せました。アメリカのNYダウ平均も2018年の1月の水準に戻してきました。 これは、株価が2008年のリーマンショックから回復したのが早かったこととしばらく株価が昇り調子だったことで投資家が楽天的になっていることが原因だと推測されます。 リーマンショックより景気が悪くなったらその時の株価に戻るのは暴論ですが、少なくとも実体経済に則した変動にならないと、株の最もシンプルな判断基準である「実体経済との連動」という大事な指標が失われてしまいます。 決して下がるのを期待するわけではございませんが、現在の株価には過度な信用を置かれないことをお勧めいたします。

10万円オンライン申請の流れ

こんにちは、菊池です。コロナウイルスによる特別定額給付金(一律10万円)のオンライン申請が開始しました。対象市区町村はコチラをご確認ください。https://img.myna.go.jp/pdf/kyuhu/kyuhu-online.pdf さいたま市は対象となっていたため本日5/6に申請しました!いつ貰えるんでしょう?受取日が決まったらまた報告します!⇒5月28日(木)に振り込まれておりました。 5月6日夜に申請(受領はおそらく7日)に申請したので3週間で振り込まれました。 スマホとPCで申請する方法があるのですが、PCだとカードリーダーが必要になりますので、カードリーダーを必要としないスマホがお勧めです。(スマホの対応機種)https://faq.myna.go.jp/faq/show/2587?site_domain=default オンライン申請の他の条件としましては、①世帯主がマイナンバーカード(顔写真付き)を持っていること②マイナンバーカードの利用者証明用電子証明書パスワード(数字4桁)を覚えている③マイナンバーカードの電子署名用パスワード(英数字6桁~16桁)を覚えている④給付金振込口座(キャッシュカードや通帳)などの画像をアップロードできる といったところです。マイナンバーカードがないとダメなんて・・・。どさくさに紛れて普及させたい思惑なんですかね。e-taxのように通知カードでもやれるようにならないもんですかね。。。(マイナンバーカードは申請から取得まで1か月ぐらい(!)かかるそうです。) 幸い私はマイナンバーカードを持つ機会がありましたので今回の10万円はオンラインで申請できました。少しややこしいところがあるので、ご参考までに特別定額給付金のオンライン申請の流れをお伝えします!スムーズにいくと10分~15分ぐらいで申請は終わります。対象に当てはまる方は、ぜひこちらを参考に進めてくださいませ。 オンライン申請までの手続き Step1 マイナポータルのインストール まずは「マイナポータル」なるアプリをインストールくださいませ。https://kyufukin.soumu.go.jp/ja-JP/apply/online.html Step2 スマホでログイン 「スマホでログイン(もしくはマイナポータルにログイン)」をクリックするとマイナンバーカードの利用者証明用電子証明書パスワード(数字4桁)を求められます。 パスワード入力後、スマホにてマイナンバーカードを読み取る作業です。iPhoneはカードの表(顔写真がある方)の上にスマホのカメラ部分を乗せる形で認識します。Androidはカードの表から2~3センチ離すぐらいが認識しやすい印象です。 Step3 マイナポータルに遷移 マイナンバーカードの認識が終わると「Chrome」や「Safari」などのブラウザでマイナポータルが立ち上がります。※この後はiPhoneの画面(ブラウザはSafari)のスクリーンショットになります。Androidやブラウザが違うと表示が変わってくるかもしれませんので、ご留意くださいませ。 わかりやすく「特別定額給付金の申請」が上に来ていると思いますので、「申請はこちら」から進んでください。 Step4 「ぴったりサービス」で特別定額給付金を検索 「ぴったりサービス」というところに移動した後は、 「①地域を選んでください」に郵便番号を入力「②検索方法を選んで手続を検索してください」の「特別定額給付金」をレ点「この条件でさがす」をクリック Step5 「特別定額給付金」の申請スタート 選択し、ようやく、特別定額給付金の申請がスタートします。しばらくは「電子署名が必要ですよ」とか「動作環境の確認をしてね」というページが続きますので、下の「申請する」ボタンと同じショッキングピンクの「次へすすむ」ボタンを押し、サクサク次へ進みましょう。さらにメールアドレス、電話番号を入力して、「次へすすむ」をクリック。 Step6 マイナンバーカードを認識させる メールアドレスと電話番号が終わったら、またマイナンバーカードを再び認識する作業に入ります。緑色のボタンを押し、ショッキングピンクの「カードを読み取る」ボタンを押すとまた、カード認証画面が出てきました。4桁のパスワードを入力して「次へ」を押すと再度、読み取り画面が出てきます。 ちなみに、読み取りは「マイナポータル」アプリ上での認証となります。完了後、自動的にブラウザ(ぴったりサービスのサイト)に戻りません。(私はここで見失って、何度もやり直しました。) マイナンバーカードを認証すると名前やら生年月日が自動入力されております。(私だけかも知れませんが、フリガナと郵便番号は自分で入力しないといけなかったです。)全て入力した後は、「次へすすむ」をクリック。 Step7 家族情報や金融機関情報の入力・確認 扶養しているご家族がいらっしゃる場合は、ご家族の名前を入力(生年月日やマイナンバーなどは不要)そこから下にスライドさせると特別定額給付金の振込先口座の入力画面が出てきますので、忘れずに入力願います。 Step8 銀行口座のキャッシュカードや通帳の写真をアップロード 金融機関まで入力したら、もう一息です! 入力確認のページを経て、添付書類のアップロード画面が出てきます。添付書類登録の画面が出てきましたら、「ファイルを選択」ボタンから、給付金をの振込先(Step7で入力した金融機関情報と同じ)キャッシュカードや通帳の画像をアップロード。(※あらかじめ画像を用意していなくてもファイルを選択を押すと、カメラを立ち上げ撮影することも可能。) Step9 電子署名用のパスワード入力 金融機関の画像をアップロードしたら、マイナンバーカードの電子署名が必要ですという画面になります。またまた、マイナンバーカードを認証しないといけないようです…。 マイナンバーカードの認証が終わると、どうやらそれが署名だったらしく先に進んでいます。(私は、てっきり電子署名とはスマホの画面に指や専用のペンで自分の名前を書くことだと思っていました…。) Step10 電子署名用のパスワード入力 電子署名の付与が終わると、あとは送信だけです!ただし、「送信する」ボタンの上にある「申請様式の控えおよび申請完了後の申請データを登録アドレスに送信する」はエビデンスとしてレ点を入れておいた方が良さそうなので、チェックを入れておいてくださいませ。 後は「送信する」ボタンを押すと登録したメールアドレスに【ぴったりサービス】電子申請送信完了のご連絡というメールがきます。 以上で完了です!お疲れさまでした!!