「キャッシュレス」が進まない理由

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの菊池です。コロナウイルスの影響であまりフォーカスはされておりませんが、今月(2020年6月)末にキャッシュレス還元が終了します。 クレジットカードやデビットカードだけではなく、Suica・PASMOなどの交通系カードやPayPayやLINEPayなど、様々なキャッシュレス手段が出てきました。それでも、日本はまだまだ「キャッシュレス後進国」と言えそうです。 これはJCA(日本キャッシュレス化協会(Japan Cashless Association))が調べたキャッシュレス化の指数です。キャッシュレス利用率とは異なるのですが、キャッシュレスがどこまで進んでいるかをみるための指標です。 ケニアが一番キャッシュレス化が進んでいる、というのは意外に感じるかもしれませんが、ケニアがキャッシュレスが進んでいる理由は、実は対照的に日本がキャッシュレスが進んでいない理由と同じです。 ケニアがキャッシュレスが進んでいる理由は現金(通貨・貨幣)に対する信用が低いからです。そして、日本がキャッシュレス化が遅れている理由は現金(通貨・貨幣)に対する信用が高いからです。 日本のお札の技術はすごい!! 日本人がなぜ、現金に対する信用が高いかというと、まず、お金がキレイ!海外旅行に行って、お札がボロボロなことにびっくりしませんか?アメリカであろうがヨーロッパであろうが、日本ほどキレイなお札が普及している国はありません。 お札がキレイなことはもちろん紙自体にもコストがかかっていることは否めませんが、日本人が大事にしていることに他なりません。 また、それに輪をかけてすごいのが、「偽造防止技術」の数です。 日本銀行のHPを見たところ、1万円札には11個もの偽造防止技術が施されております。HPに載せるのは、もちろん偽造防止のためなのですが、同時に「日銀の自信」もあるのではないでしょうか。(※お手元にある方はぜひ確認してみてください) 特にマイクロ文字(模様の中に小さく文字が書かれている)なんか半分遊び心なんじゃないかと思う(実際は違いますが)ぐらいの細かい技術!1万円札は3本線の透かし、5千円札は2本線、千円は1本線なども驚きですね。 これだけ凄い技術で作られているお札。大事にしたいですね。 2024年にお札が刷新 1万円札は聖徳太子から引き継ぎ長く勤めていた福沢諭吉が勇退され、渋沢栄一になります。5千円札は樋口一葉から女性つながり(?)で津田梅子、千円札は野口英世から医療つながり(?)で北里柴三郎になります。 お札の画像を載せるのははばかられるので載せませんが、すでに新しいデザインは公開されていますね。(※私は千円札の裏側(絵柄)の富嶽三十六景がめちゃくちゃ恰好良くて好きです!) 全体的なデザインはおそらく賛否の「否」が多そうだなというデザインではありますが、偽造防止技術に関しては、必ず今のお札の上を行っているはずなので、どのような機能になっているかが楽しみです! 個人的には「現金だけなんです」というところ以外では現金は使わない、完全キャッシュレスなのですが、お札の技術に関しては日本の叡智が詰まっているようで非常に好きなのでご紹介いたしました。 皆さまも、ぜひお札を見てみてください!なかなかどうして、すごい技術が詰まっていると感じると思います。

コロナウイルスで住宅ローンはどうなる?(後編)

4月29日のコロナウイルスの影響で住宅ローンはどうなる?(前編)の続きです。前回は返済への対応ということでしたが、今回は今後の住宅ローンの決まり方についてお伝えさせていただきます。 コロナの影響が大きいと、金利は低下する まず、全体的に言えることは、コロナウイルスが長期化して経済に影響を及ぼす前提で考えると、滞納する人が少なければ少ないほど、住宅ローンの金利は低下する可能性が高いです。 不幸中の幸いなのが、リーマンショック(サブプライムローン問題)の記憶が新しい間に起きたことだと言えます。あの時の経済的なインパクトを世界が覚えているため、リーマンショックの2008年以上の金融緩和や景気刺激策を講じて何が何でも経済がデフレスパイラル(物価が下がるけども、景気が悪くなることが止められない)へ陥るのを避けようとするはずです。そのため、住宅ローンの金利は長期的には下がる、もしくは低くキープされる傾向にあります。 ただ、いくら策を講じても、コロナショックが金融機関や政府が抱えられる以上の経済的なインパクトが起こり続け、多くの住宅ローンの返済を滞るような事態が生じてくると、金融機関がそのリスクに対応するため、金利は上がります。また、物件の売却をしようにも購入する人が少なくなると、サブプライムローン問題のような 政府は賃貸への対策に注力しておりますが、日銀と協力して、金融機関を助ける動きもしてもらいたいです。 固定金利は、「日本への信用」と関連する 固定金利は10年国債利回りが基準に決まります。 10年国債とは、日本政府が国の運営に必要な資金を集める為に発行する「国の債務(=借金)」です。10年間お金を貸してくれたら、10年後に利息をつけて返すよという意味です。 この国債の「流通利回り」が住宅ローンの全期間固定金利型の金利決定に使われている訳です。 なお、少し厄介なのが国債は国が発行する信用度の最も高い債券となっており、資産運用等に利用される事もあるということです。 一般的には、長期金利が上がる時、債券価格は下がります。債券価格が下がるのは、債券を売る動きが出てきている時です。前回のリーマンショックの時にも似たような動きがあったのですが、今回のコロナショックでも長期的な経済停滞を懸念している傾向があります。 さらには東京オリンピックの開催も難しいのかなと判断している方が、国債すら現金化する動きが増していると思われます。 長期的には固定金利も下落すると思いますが、このまま日本の信用が下がり、国債が売られ続けられると、上昇する可能性があります。 変動金利は、政策金利(≒景気)と関係する 変動金利は金融機関が定める「短期プライムレート」と呼ばれる金利に連動します。(※言葉は覚えなくても大丈夫です!!) 基本的にはそれぞれの金融機関が定めるのですが、大手各行は2009年12月から2020年4月現在もずっと変わらず1.475%となっております。 短期プライムレートは住宅ローンの変動金利の指標となる他に、金融機関が優良企業に貸し出す際の1年以内の短期的な指標にも使われます。 金融機関は自分のところに無限にお金があるわけではなく、日本銀行からお金を借りております。銀行の「短期的な融資」に連動するのは日銀の「政策金利」です。政策金利はどのようにして日銀はコントロールするのかというと資金量の大小によって短期金利を誘導しています。 資金量を増やすと、景気を上げようとしており、資金量を減らすと、景気を下げようとしております。 今は(というかここ10年間ずっと)日銀は景気を上げようと必死になっており、特に黒田さんが日銀総裁に就任してからより顕著に景気を上げようとする政策をとっております。 当然、コロナウイルスの影響で景気は上がる要素はありませんので、政策金利を指標としている変動金利は上がりません。 ただし、冒頭でお伝えしたように延滞が増えると上昇することも考えられます。 3年、5年、10年など。一定期間固定金利の決まり方 3年や5年など一定期間金利を固定する固定特約の金利は、「円金利スワップレート」というものを基準にします。ここからは、すこし複雑になりますので、該当する方だけお読みいただければと思います。 「円金利スワップ契約」とは、「変動金利と交換(スワップ)可能な固定金利」のことを指します。レートとは、「円金利スワップ契約に使われる交換レート」のことです。(※言葉は覚えなくても大丈夫です!!!) 【例】A社長はアイウエオ銀行から変動金利で融資を受けております(下図のアイウエオ銀行とA社長の関係)。今後、変動金利が上昇する、とみているA社長は金利が上がるリスクから解放されるために、固定金利にしたいなと思っております。そこで登場するのが金利スワップ契約。ポイントは、A社長は金利スワップ契約をアイウエオ銀行と結ぶのではなく、別の銀行(カキクケコ銀行)と結ぶ (下図のカキクケコ銀行とA社長の関係)です。 金利スワップ契約を結ぶことで、カキクケコ銀行に固定金利を支払い、カキクケコ銀行から変動利息を受け取ります。そうすれば、カキクケコ銀行から受け取った利息をそのままアイウエオ銀行に支払うことができるため、実質、A社長は固定金利での支払い(A社長とカキクケコ銀行)となり、A社長は変動金利の金利変動リスクから解放されます。 この時の、変動利息と固定利息を交換する固定金利を円金利スワップレートといい、その時々でレートが決まります。スワップレートは「変動金利と固定金利」を交換する時の固定金利の水準であり、今後どのように長期金利が変化するかを予想するものともいえます。 今はスワップレートの急上昇を受けて、10年固定などは上昇しております。 まとめ 収入が下がったら、すぐに住宅ローンの相談!! 今後の住宅ローンは金利が低下する可能性があるという展望もありますが、コロナウイルスの影響次第では、サブプライムローン問題と近いようなインパクトが出てくる可能性もあります。 支払いに不安を覚えましたら、必ず金融機関にご相談を!!良く分からない方は、まずは私までご連絡くださいませ。

コロナウイルスで住宅ローンはどうなる?(前編)

こんにちは、菊池です!コロナウイルスの影響で、住宅ローンの返済の相談が増えてきております。フラット35を扱う住宅金融支援機構によると、支払いに関する相談件数は今年2月はおよそ20件でしたが、3月はおよそ200件、4月はすでにおよそ1200件と急増しています。 私のもとにも、住宅ローンやライフプランの相談が非常に多く増えております。 また、先日のブログで賃貸の家賃免除について記載したことをお読みになった方から、「住宅ローンには同じような措置はないの?」というご連絡も複数いただいております。 結論から申し上げますと2020年4月27日現在、日本に住宅ローンに対する政府や地方公共団体からの一律の免除や補償(保証)のようなものはございません。ただし、個別の金融機関などでは対応があるところもあります。 フラット35は「期間延長」「一定期間軽減」「ボーナス払いの変更」 住宅金融支援機構では、①返済期間の延長(最長15年)②元金据置期間(利息のみを支払う期間)(最長3年)、③ボーナス払いの変更や撤廃などがあります。 ①、②に関しては毎月の返済額は減少しますが、トータル返済額は増えますので、ご留意くださいませ。 5月の金利の動きに注目すべきでしょう。 今後、住宅ローン金利についてもっとも影響が懸念されるのは、 現在住宅ローンを借り入れている人が、 新型コロナウイルスの影響で返済できなくなる事態が増えていくことです。 このような債務不履行が増えると、 金融機関は貸しだしに慎重になり金利を上げざるを得ません。 新型コロナウイルスの問題が長引くとその可能性は高まるでしょう。 民間銀行は手数料の免除など 京葉銀行・滋賀銀行・広島銀行・南日本銀行・沖縄銀行などでは 返済条件のにかかる手数料(最大数万円)を免除する取り組みを行っております。 まずは借り入れ銀行にお電話を 住宅ローンの返済に負担を感じたら、すぐに金融機関に相談しましょう。現在はコロナウイルスの影響で、金融機関も大きく門戸が開いております。ただ、私も銀行に行くことがありますが、ローンの部門は絶えず人が出入りしております。必ず、お電話を入れてから訪問いたしましょう! ローンの支払いは遅れないように! もし、何も言わずに返済が遅延してしまうと遅延損害金が発生いたします。一度だけの遅延ならいいかという考えは決してしないでください。遅延により、下記が発生することがあります。 優遇金利の廃止 クレジットカードの停止 借り換えができなくなる 全額返済 給与、住宅など資産の差し押さえ 例えば、優遇金利が廃止されると住宅ローンは三菱UFJ銀行の変動金利0.625%で借りている方は2.475%になります。仮に5000万円の35年で住宅ローンを借りている方が4年後に優遇金利が外れると元々132,573円の方が174,032円(+41,459円)に上がります。(※返済額だけで見ると6500万円の住宅を0.625%で購入したのと同じです。) 詳しくは銀行に相談を!良く分からない、という方は菊池までご連絡くださいませ。

セミナーレポート(4/25 初心者専用! iDeCo・NISAとは?)

4月25日に行いました、オンラインセミナーのレポートです。今回は初心者専用と銘打ったセミナーで、1時間半の内容でした!3名という募集人数でしたので、予約ですぐ埋まってしまいました…。 残念ながら参加できなかった方もいらっしゃったので、また、このテーマは近々実施したいと思います。 今回お話しした内容は下記です。 iDeCoやNISAなど積立が注目されている理由 NISAの種類(一般NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA) iDeCoとNISAの違い(税金面・メリット・デメリット) 参加者からの声 名前だけは知っていたのですが、どういうものかも分からず、ネットで調べていてもよくわからなかったです。質問しやすい環境だったので、良く分かりました!→ (菊池) ご参加ありがとうございました!セミナー中のご質問もありがとうございます!初めてだと何が何やらわからないと思いますので、今後もサポートさせていただきますね。 良く分からずとりあえず始めては見たものの、中身の商品の選び方について分からなかったので参加しました。セミナー後に個別に質問お答えいただきありがとうございました。→ (菊池) 既にNISAもiDeCoもやられておられましたね。商品の選び方に関しては「目的」や「期間」によって異なりますので、絶対的な正解はありませんが、方向性は合っていると思います。 今回は、3組の方にご参加いただきました!また開催いたしますので、よろしくお願いいたします。

『あの坂をのぼれば』

本日、緊急事態宣言が7都府県以外の全道府県に発令されました。皆様いかがお過ごしでしょうか? 私は外出することも難しく、自宅にいることを余儀なくされる事態になっております。 まだ直接の知り合いでコロナウイルスに感染した方はいらっしゃいませんが、ブラジルにいる私の弟家族が会社の命令により身動きが取れないようなことを聞くと、非常に自分自身の無力さを感じます。 また、このような時期に自分がFPとして何を発信すればいいのか、発信することで傷つけてしまう人はいないかと、ただただ経済のことなどを伝えることが正しいのかと迷いがあるのが事実です。 株価は少しずつ元に戻っておりますが、これはあくまで「売り疲れ」や「買い戻し」によるものであり、実体経済はひどいものです。それは早ければ半年後、遅くとも一年後の決算発表で明らかになると思います。 ただ、こんな時こそ思うのは、普通の生活がいかにありがたいかが感じます。出かけたいから出かける。他者との空間を共にすることに対して過剰に神経質になることなく、会話自体を楽しんだり、空気自体を楽しむ。 今は何をするにもままならない時間ではありますが、止まない雨はなく、明けない夜はありません。 昔、国語の教科書で『あの坂をのぼれば』という話がありました。「あの坂を登れば、海が見える」と繰り返しながら、山を登る。山の頂上についても、海が見えず、次の山が出てくる。何度も何度もあきらめようと思いながら、それでも這うようにして登る。ついにある山を登ったときに広大な海が見えるという話です。 私も過去、何度もつらい時がありましたが、国語のこの話は大好きで、今も強く心に残っております。つらい時期、我慢の時期が続いていますが、人間の叡智や対応力は素晴らしく、必ず克服できるものだと思います。 その時、当たり前だった生活が何倍にも幸せに感じるはずです!その時まで、どうぞ皆さま平穏な暮らしが続きますことを願っております。

株価下落時に「投資信託積み立て」でやってはいけない3つのこと

たとえ長期・積立・分散投資をしていても投資信託(変額保険・NISA・iDeCoなどを含む)の基準価額が下落する (価格が安くなる) と現在のような株価の上下が激しい時は不安になりますよね。。。 「このまま上がらなかったらどうしよう。」「あの時に売ってしまったら良かったのでは?」「そもそも購入したのが失敗なのでは?」 特に菊池調べではこういった不安な気持ちは「夜」に来ます。 今回は、株価が下落する時に「投資信託の積み立て」で絶対にやってはいけない3つのことをご紹介いたします。 その1 解約をすること 絶対にやってはいけないこと、その1は解約することです。 積立投資の資産価値は 価格×個数です。 例えば、4月1日時点で基準価額1万円の投資信託を100口保有していました。4月1日時点で資産価値は1万円×100口=100万円…(1)です。ところが、4月2日に基準価額が下落し、8000円になりました。4月2日時点の資産価値は8,000円×100口=80万円…(2)です。(2)ー(1)=▲20万円資産価値は20万円下がりました。 ここで、資産価値が20万円下がったのは「基準価額が2000円下がったため」です。大事なことは、口数(上記では100口)は減っていないことです。もっというと、資産価値が下がっているのはあくまで机上の話です。 しかし、ここで慌てて解約をしてしまえば、机上の話が現実の損に変わってしまいます。 株価が下落しているときには絶対に解約はしないでください。 「いやいや、このまま上がらなかったらどうするんですか?」 という方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそもの商品(ファンド)選びを間違っていない限り、下落時から回復しないことはありえません。逆に、下落から回復しないようなものに積み立てている場合、長期・積立・分散投資にそぐわないにファンドである可能性があります。 その2 別のファンドに乗り換えること 変額保険、iDeCoなど、ファンド変更ができる商品にありがちですが、別のファンドに乗り換えることも、結局「その1 解約をすること」と同じです。 追記すると「下がる前に売却しておけば…」とか「下がる前に元本確保商品に乗り換えておき、下がり切ってから買い戻そう」と考える方もいらっしゃいますが、これもおすすめできません。 確かに、下がる前に売却したり、落ち着いてから買い戻すということはベストのタイミングでできれば、理論上利益が上がります。 ただし、そもそも上記のように理論上の最大利益を取ろうと考えてしまうと「長期・積立・分散投資」の目線ではなく、「短期・一括・集中投資」の目線に変わってしまい、結局本来の目的を逸してしまう可能性が高くなります。 資産運用を行うにあたって、本来の目的を見失うことほど危険なことはありません。下落時の無闇なファンド変更は避けましょう! その3 積立金額の増減 4月1日の記事「コロナウイルス下における積立投資の重要性」で記載した通り、長期・積立・分散投資は「下落時があるからこそ」資産が増える仕組みです。 下落時に積立をやめてしまうことのないことをしましょう! また、逆に積立金額を過剰に増加することも「その2 別のファンドに乗り換えること」で紹介した「長期・積立・分散投資」ではなく、「短期・一括・集中投資」の目線に変わることと同じです。大きく下がったからと言って、大きくお金を入れるとマネーゲームになってしまいます。繰り返しますが、 資産運用では本来の目的を見失うことは最も危険です! まとめ 長期・積立・分散投資で最も大事なことは そもそも、資産運用は「資産を用(もち)いて、運ぶ」ということです。「なんのために、資産を用いて、いつ、どこまで運ぶのか」。 目的が最も大事です。 資産家の暇つぶしの投資でない限り、ライフプランを考え、目的と目的までの距離(期間)を大事にし基準価額の上下に一喜一憂せず、粛々と続けましょう。 フランスの経済学者トマ・ピケティ氏の著書『21世紀の資本』で過去の株式投資が5%ぐらいの成長率があったと記載がありました。 経済成長を信じて、「長期」続けられることによって大事にしましょう。