返済遅延の前に連絡を!コロナウイルスにおける各銀行の対応

こんにちは、菊池です。全国銀行協会のホームページに、コロナウイルスにおける各銀行の対応が記載しております。特に個人で住宅ローン・教育ローン・マイカーローンなどローンをお持ちの方、法人で運転資金や設備資金などで借り入れがある方は、こまめにチェックをお願いいたします。●都銀https://www.zenginkyo.or.jp/topic/covid19-jbamembers/●第一地銀https://www.chiginkyo.or.jp/app/story.php?story_id=1673●第二地銀https://www.dainichiginkyo.or.jp/dcms_media/other/20200310.pdf 無事に返済できている間は問題ございませんが、返済期日に資金が不足しそうになりましたら、必ず返済期日前(営業日)に銀行へ連絡をお願いいたします!   無断による返済遅延によるデメリットは大きい! 繰り返しになりますが、個人であっても法人であっても、返済が遅延しそうになったら必ず、返済日前に借り入れをしている銀行に連絡をお願いいたします。 特に今なら一定期間は利息だけの返済になったり、支払を延長してくれたりといった個別措置をしてくれる銀行はあります。 もし、何も言わずに返済が遅延してしまうと遅延損害金が発生いたします。一度だけの遅延ならいいかという考えは決してしないでください。遅延により、下記が発生することがあります。 優遇金利の廃止 クレジットカードの停止 借り換えができなくなる 全額返済 給与、住宅など資産の差し押さえ 例えば、優遇金利が廃止されると住宅ローンは三菱UFJ銀行の変動金利0.625%で借りている方は2.475%になります。仮に5000万円の35年で住宅ローンを借りている方が4年後に優遇金利が外れると元々132,573円の方が174,032円(+41,459円)に上がります。(※返済額だけで見ると6500万円の住宅を0.625%で購入したのと同じです。) 積極的に情報を得て、必ず事前の相談を!よく分からないといった方はまずは私までご連絡くださいませ。