リーマンショックと別の動きを見せるコロナショック

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの菊池です。5月25日付で緊急事態宣言が解除され、日本はこれから経済を動かしていくというところですね。 学校の休校も解除され、プロ野球も6月19日に開幕が決まりました。とはいっても、首相も再度「宣言」を出す可能性があることを示唆しながらでしたので、「第二波」を起こさないように気にしながらという形にはなりそうです。 さて、私はリーマンショックの少し前からこの仕事をしておりますが、市場の動きをみていて非常に不思議に感じることがあります。 それは「為替」です。今回のコロナウイルスでは為替の動きがほとんど見られないことです。 いつもなら「不景気=為替は円高に進む」という図式でしたが、今回は為替はほとんど動かず、株に至っては底を打った感じもあります。 ↓ここからは私の推測です。 リーマンショックと比較されることが多いコロナショックですが、その実は発端の違いから大きな違いが出ているのではと思っています。 金融不安(不信)から始まったのがリーマンショックでしたので、為替や株は長きにわたって低迷しました。一方、コロナショックは実体経済への不安が発端となっております。このそもそもの原因が大きな違いになってるのではないでしょうか? 株価の動きを夫婦に例えるとリーマンショックは「浮気された」ようなもので、浮気された後は何をしても人として信用を回復までは時間がかかるけど、コロナショックは「パートナーが大けが」をしてしまったようなもので、それによって仕事が出来なくなったことはしょうがなく、気を付けて欲しいけど、人としての信頼はしている状態。 …という、例えたのに分かりづらいものしか思いつきませんが…(- -;) ただし、今まで書いてきた推測も為替次第です。為替が大きく円高になると、株は再び下がりいわゆる「二番底」になる可能性があります。

実体経済から離れる株価

日経新聞の記事によると2020年1~3月の米国のGDPはー3.5%となっており、4~6月はー40%の予測も立てられております。リーマンショック時には2008年10~12月のー8.4%となっておりますので、今回のコロナはリーマンショックの時と比べ物にならないぐらい大きな影響を受けております。 失業率も大幅に上昇しました。4~6月は14%まで上昇すると見られております。コロナの問題が起きるまでは、50年ぶりのの低水準の失業率(3.5%)と言われトランプ大統領も鼻息荒く主張していましたが、一気に4倍です。米国で景気が悪いと判断されるのが6%を切るかどうかというところなので失業率が14%まで上がるとみられるのは、本当に異常事態です。 米国は失業率と個人消費で景気を判断する傾向にあります。失業率は異常なほど上がり、個人消費は「stay home」で当然冷え切っております。 このような状態で、株価が大きく下がらないのが非常に危険です。 世界の投資家はどうも株へ過度の信用をしてしまっているように感じます。本日、日経平均は再び2万円の大台に乗せました。アメリカのNYダウ平均も2018年の1月の水準に戻してきました。 これは、株価が2008年のリーマンショックから回復したのが早かったこととしばらく株価が昇り調子だったことで投資家が楽天的になっていることが原因だと推測されます。 リーマンショックより景気が悪くなったらその時の株価に戻るのは暴論ですが、少なくとも実体経済に則した変動にならないと、株の最もシンプルな判断基準である「実体経済との連動」という大事な指標が失われてしまいます。 決して下がるのを期待するわけではございませんが、現在の株価には過度な信用を置かれないことをお勧めいたします。