映画『21世紀の資本』

こんにちは!ファイナンシャルプランナーの菊池です。今日偶然映画館の前を通ったところ『21世紀の資本』のポスターが掲示されておりました。『21世紀の資本』の映画化!思わず二度見してしまいました(笑) さらに原作の著者であるフランスの経済学者のトマ・ピケティ氏本人も登場という、映画化だけでもビックリなのに本人も登場して語るという、なんともはやな内容。 本の内容は700ページぐらいあり、非常に多くのことを語られているのではありますが、映画の予告編だけみると、危機感を煽ってるところがフォーカスされており、どうなることか…と思います。 全ては r>g に集約される 映画は見ていないので、ここからは『21世紀の資本』の本のネタバレです。本を読みたいという方は続きを読まないようにお願いいたします。 まずはピケティ氏の紹介です。ピケティさんは大学生(博士課程)の時に論文で『21世紀の資本』の原点となるような論文を書き、最優秀論文賞を受賞しています。その後、マサチューセッツ州(早口言葉の定番ですね)の工科大学で教鞭をとり、現在の経済学者の「机上の空論」に嘆き、アメリカでの教員を辞め、フランスで「実世界で役に立つ経済学」のため、研究に没頭。 そこで出た答えが、「r>g」です。 ピケティの話を一言でいうとこの「r > g」がピケティが経済学者として見つけた絶対的な公式です。 r は「資本」からの所得増加率g は「労働」からの所得増加率rはおおよそ4%(不動産からの収益を抜くと5~7%)、gはおおよそ1%です。 つまり、資産をお持ちの方は益々お金持ちになり、資産運用をしない方との格差はどんどん広がっていくという公式です。 もちろん、ピケティは労働をバカにしているわけではもちろんありません。投資をしないとダメだと言っているわけでもありません。社会的な結びつきが大事だと述べられており、生まれながらにして格差があるような社会になっていくだろうことに警鐘を鳴らしております。 最後にピケティは格差の是正に向けて、世界中で協調し資本に対して累進税を課すべき(簡単に言うとお金持ち税を取ろう)と話しています。そもそも足並みをそろえるのは難しいと思いますが、格差社会が広がるという警鐘を鳴らすメッセージ自体には大きな意味があると思います。 私に出来ることといえば、ひとりひとりが資本の運用に前向きになり、少しでも多くの方がお金の運用をしてよかったと思ってもらえることだと考えています。 『21世紀の資本』、予告版を見る限り「大丈夫か、ピケティ?」と思わざるを得ませんが、時間がある時に観てみたいです。皆さまもぜひお早めに!(そこまで長く公開されなさそうなので…。)

「キャッシュレス」が進まない理由

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの菊池です。コロナウイルスの影響であまりフォーカスはされておりませんが、今月(2020年6月)末にキャッシュレス還元が終了します。 クレジットカードやデビットカードだけではなく、Suica・PASMOなどの交通系カードやPayPayやLINEPayなど、様々なキャッシュレス手段が出てきました。それでも、日本はまだまだ「キャッシュレス後進国」と言えそうです。 これはJCA(日本キャッシュレス化協会(Japan Cashless Association))が調べたキャッシュレス化の指数です。キャッシュレス利用率とは異なるのですが、キャッシュレスがどこまで進んでいるかをみるための指標です。 ケニアが一番キャッシュレス化が進んでいる、というのは意外に感じるかもしれませんが、ケニアがキャッシュレスが進んでいる理由は、実は対照的に日本がキャッシュレスが進んでいない理由と同じです。 ケニアがキャッシュレスが進んでいる理由は現金(通貨・貨幣)に対する信用が低いからです。そして、日本がキャッシュレス化が遅れている理由は現金(通貨・貨幣)に対する信用が高いからです。 日本のお札の技術はすごい!! 日本人がなぜ、現金に対する信用が高いかというと、まず、お金がキレイ!海外旅行に行って、お札がボロボロなことにびっくりしませんか?アメリカであろうがヨーロッパであろうが、日本ほどキレイなお札が普及している国はありません。 お札がキレイなことはもちろん紙自体にもコストがかかっていることは否めませんが、日本人が大事にしていることに他なりません。 また、それに輪をかけてすごいのが、「偽造防止技術」の数です。 日本銀行のHPを見たところ、1万円札には11個もの偽造防止技術が施されております。HPに載せるのは、もちろん偽造防止のためなのですが、同時に「日銀の自信」もあるのではないでしょうか。(※お手元にある方はぜひ確認してみてください) 特にマイクロ文字(模様の中に小さく文字が書かれている)なんか半分遊び心なんじゃないかと思う(実際は違いますが)ぐらいの細かい技術!1万円札は3本線の透かし、5千円札は2本線、千円は1本線なども驚きですね。 これだけ凄い技術で作られているお札。大事にしたいですね。 2024年にお札が刷新 1万円札は聖徳太子から引き継ぎ長く勤めていた福沢諭吉が勇退され、渋沢栄一になります。5千円札は樋口一葉から女性つながり(?)で津田梅子、千円札は野口英世から医療つながり(?)で北里柴三郎になります。 お札の画像を載せるのははばかられるので載せませんが、すでに新しいデザインは公開されていますね。(※私は千円札の裏側(絵柄)の富嶽三十六景がめちゃくちゃ恰好良くて好きです!) 全体的なデザインはおそらく賛否の「否」が多そうだなというデザインではありますが、偽造防止技術に関しては、必ず今のお札の上を行っているはずなので、どのような機能になっているかが楽しみです! 個人的には「現金だけなんです」というところ以外では現金は使わない、完全キャッシュレスなのですが、お札の技術に関しては日本の叡智が詰まっているようで非常に好きなのでご紹介いたしました。 皆さまも、ぜひお札を見てみてください!なかなかどうして、すごい技術が詰まっていると感じると思います。

夏の甲子園中止と『7つの習慣』

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの菊池です。5月10日のブログ「プロ野球開幕」で甲子園のために6月19日に開幕にしたのかも!と言ってしまいましたが、残念ながら夏の甲子園も中止が決定してしまいました…。 私は野球は小学校3,4年生の時にしかやっていないのですが、高校野球は好きで、特に『熱闘甲子園』を毎年見て、涙を流しています。それだけに、中止の決定は非常に残念です。 夏の甲子園中止を受けて今年から西武ライオンズに戻った松坂大輔投手が「出来ることは何か」を大人がアイデアを出し、実行してほしいとコメントを発表しました。本当にその通りだと思います。これは野球やスポーツに限った話ではなく他の競技やイベントなども「何か出来ることを模索すること」は大事だと思います。 また、私たちも与えられた環境下の中で、○○はできないけど△△なら出来ると考えることは重要です。 影響の輪と関心の輪 『7つの習慣』という超有名な本に「影響の輪と関心の輪」という話があります。日本でも200万部を突破し、漫画になったりしているので読まれたことがある方も多いかもしれませんね。 「影響の輪と関心の輪」を解説いたしますと私達が生活していく中で、様々なことに関心を持ちます。それを2つに分けると「自分がコントロールできること」と「自分ではコントロールできないこと」に分かれます。 「変えられるもの、影響できること」=影響の輪「変えられないもの、影響できないこと」=関心の輪です。 7つの習慣では、「関心の輪に意識を集中すると、影響の輪が小さくなり、影響の輪に集中すると、影響の輪が大きくなる」と言われています。 変えられないこととは、過去や大きな事柄、他人です。変えられることは、未来と自分自身です。例えば、「コロナウイルスのワクチン開発」に対して、私も関心はありますが、少なくとも全く影響を及ぼすことは出来ません。でも、「今のコロナウイルスの支援政策を理解して、発信すること」や「家計見直しをすること」で経済的に人を助けること(影響の輪)はできます。 自粛しているのにズルイ!と考える人もいたり、それを鬼の首を取ったように報道されたりしますが、残念ながらいくら憤ったところで、事実(過去やら他人)は変えられません。 幸い日本は法律の関係上、他国と違ってロックダウン(強制的な外出禁止)ではなく「自粛」です。つまりそこには主体性が残されている、個人で考えてねというメッセージだと思っております。 それなら、今の環境下で自分が楽しみ、今の環境下で出来ることを増やせれば(例えば資格のために勉強するとか、楽器を始めるとか、漫画を大人買いするとか)きっと、より主体的に楽しむ選択肢が増えるを選択できるのかな、と思います。 ちなみに、影響の輪(自分が出来ること)に集中すると、主体性がひろがり、より出来ることが増えていくそうです!確かに、楽しそうに生きている人ってバイタリティがある感じがしませんか?

プロ野球開幕

6月19日にプロ野球が開幕するというニュースが出てきました。賛否あると思いますが、個人的には英断だと思います。 野球は日本では国民的なスポーツなので、野球が始まるということは、他のスポーツも始めやすくなりますね。Jリーグやラグビーなど、外でやるスポーツから始めていくのかなと思うとワクワクします。高校野球の夏の甲子園はどうでしょうか。 もしかすると今回のプロ野球の6月19日という開幕の時期が今月末で緊急事態宣言が解除されて6月から高校球児も部活ができるようになり、夏の甲子園の県予選に間に合わせる可能性を残すためにその日を選んだのかなと考えると感慨深いものを感じます。(5月20日18時に中止発表)実際にはいくつものハードルがあると思うのですが、こんな時期に誰かのために行動を起こすことが出来たら素晴らしいですね! 野球だけではなく、他のイベントも100%の状態で始めることは今年は難しいかもしれませんが、各団体が知恵を絞って出来たらいいですね。卓球やバレーなど屋内スポーツも、今年だけは天候条件見て外でやるとか…。 野球は、個人的に広島カープの前田智徳(元)選手が好きで、球団としてもカープは弱い時から好きなのですが、今年はもう、カープの順位や勝敗以上に始まることが嬉しいです。

10万円オンライン申請の流れ

こんにちは、菊池です。コロナウイルスによる特別定額給付金(一律10万円)のオンライン申請が開始しました。対象市区町村はコチラをご確認ください。https://img.myna.go.jp/pdf/kyuhu/kyuhu-online.pdf さいたま市は対象となっていたため本日5/6に申請しました!いつ貰えるんでしょう?受取日が決まったらまた報告します!⇒5月28日(木)に振り込まれておりました。 5月6日夜に申請(受領はおそらく7日)に申請したので3週間で振り込まれました。 スマホとPCで申請する方法があるのですが、PCだとカードリーダーが必要になりますので、カードリーダーを必要としないスマホがお勧めです。(スマホの対応機種)https://faq.myna.go.jp/faq/show/2587?site_domain=default オンライン申請の他の条件としましては、①世帯主がマイナンバーカード(顔写真付き)を持っていること②マイナンバーカードの利用者証明用電子証明書パスワード(数字4桁)を覚えている③マイナンバーカードの電子署名用パスワード(英数字6桁~16桁)を覚えている④給付金振込口座(キャッシュカードや通帳)などの画像をアップロードできる といったところです。マイナンバーカードがないとダメなんて・・・。どさくさに紛れて普及させたい思惑なんですかね。e-taxのように通知カードでもやれるようにならないもんですかね。。。(マイナンバーカードは申請から取得まで1か月ぐらい(!)かかるそうです。) 幸い私はマイナンバーカードを持つ機会がありましたので今回の10万円はオンラインで申請できました。少しややこしいところがあるので、ご参考までに特別定額給付金のオンライン申請の流れをお伝えします!スムーズにいくと10分~15分ぐらいで申請は終わります。対象に当てはまる方は、ぜひこちらを参考に進めてくださいませ。 オンライン申請までの手続き Step1 マイナポータルのインストール まずは「マイナポータル」なるアプリをインストールくださいませ。https://kyufukin.soumu.go.jp/ja-JP/apply/online.html Step2 スマホでログイン 「スマホでログイン(もしくはマイナポータルにログイン)」をクリックするとマイナンバーカードの利用者証明用電子証明書パスワード(数字4桁)を求められます。 パスワード入力後、スマホにてマイナンバーカードを読み取る作業です。iPhoneはカードの表(顔写真がある方)の上にスマホのカメラ部分を乗せる形で認識します。Androidはカードの表から2~3センチ離すぐらいが認識しやすい印象です。 Step3 マイナポータルに遷移 マイナンバーカードの認識が終わると「Chrome」や「Safari」などのブラウザでマイナポータルが立ち上がります。※この後はiPhoneの画面(ブラウザはSafari)のスクリーンショットになります。Androidやブラウザが違うと表示が変わってくるかもしれませんので、ご留意くださいませ。 わかりやすく「特別定額給付金の申請」が上に来ていると思いますので、「申請はこちら」から進んでください。 Step4 「ぴったりサービス」で特別定額給付金を検索 「ぴったりサービス」というところに移動した後は、 「①地域を選んでください」に郵便番号を入力「②検索方法を選んで手続を検索してください」の「特別定額給付金」をレ点「この条件でさがす」をクリック Step5 「特別定額給付金」の申請スタート 選択し、ようやく、特別定額給付金の申請がスタートします。しばらくは「電子署名が必要ですよ」とか「動作環境の確認をしてね」というページが続きますので、下の「申請する」ボタンと同じショッキングピンクの「次へすすむ」ボタンを押し、サクサク次へ進みましょう。さらにメールアドレス、電話番号を入力して、「次へすすむ」をクリック。 Step6 マイナンバーカードを認識させる メールアドレスと電話番号が終わったら、またマイナンバーカードを再び認識する作業に入ります。緑色のボタンを押し、ショッキングピンクの「カードを読み取る」ボタンを押すとまた、カード認証画面が出てきました。4桁のパスワードを入力して「次へ」を押すと再度、読み取り画面が出てきます。 ちなみに、読み取りは「マイナポータル」アプリ上での認証となります。完了後、自動的にブラウザ(ぴったりサービスのサイト)に戻りません。(私はここで見失って、何度もやり直しました。) マイナンバーカードを認証すると名前やら生年月日が自動入力されております。(私だけかも知れませんが、フリガナと郵便番号は自分で入力しないといけなかったです。)全て入力した後は、「次へすすむ」をクリック。 Step7 家族情報や金融機関情報の入力・確認 扶養しているご家族がいらっしゃる場合は、ご家族の名前を入力(生年月日やマイナンバーなどは不要)そこから下にスライドさせると特別定額給付金の振込先口座の入力画面が出てきますので、忘れずに入力願います。 Step8 銀行口座のキャッシュカードや通帳の写真をアップロード 金融機関まで入力したら、もう一息です! 入力確認のページを経て、添付書類のアップロード画面が出てきます。添付書類登録の画面が出てきましたら、「ファイルを選択」ボタンから、給付金をの振込先(Step7で入力した金融機関情報と同じ)キャッシュカードや通帳の画像をアップロード。(※あらかじめ画像を用意していなくてもファイルを選択を押すと、カメラを立ち上げ撮影することも可能。) Step9 電子署名用のパスワード入力 金融機関の画像をアップロードしたら、マイナンバーカードの電子署名が必要ですという画面になります。またまた、マイナンバーカードを認証しないといけないようです…。 マイナンバーカードの認証が終わると、どうやらそれが署名だったらしく先に進んでいます。(私は、てっきり電子署名とはスマホの画面に指や専用のペンで自分の名前を書くことだと思っていました…。) Step10 電子署名用のパスワード入力 電子署名の付与が終わると、あとは送信だけです!ただし、「送信する」ボタンの上にある「申請様式の控えおよび申請完了後の申請データを登録アドレスに送信する」はエビデンスとしてレ点を入れておいた方が良さそうなので、チェックを入れておいてくださいませ。 後は「送信する」ボタンを押すと登録したメールアドレスに【ぴったりサービス】電子申請送信完了のご連絡というメールがきます。 以上で完了です!お疲れさまでした!!

『あの坂をのぼれば』

本日、緊急事態宣言が7都府県以外の全道府県に発令されました。皆様いかがお過ごしでしょうか? 私は外出することも難しく、自宅にいることを余儀なくされる事態になっております。 まだ直接の知り合いでコロナウイルスに感染した方はいらっしゃいませんが、ブラジルにいる私の弟家族が会社の命令により身動きが取れないようなことを聞くと、非常に自分自身の無力さを感じます。 また、このような時期に自分がFPとして何を発信すればいいのか、発信することで傷つけてしまう人はいないかと、ただただ経済のことなどを伝えることが正しいのかと迷いがあるのが事実です。 株価は少しずつ元に戻っておりますが、これはあくまで「売り疲れ」や「買い戻し」によるものであり、実体経済はひどいものです。それは早ければ半年後、遅くとも一年後の決算発表で明らかになると思います。 ただ、こんな時こそ思うのは、普通の生活がいかにありがたいかが感じます。出かけたいから出かける。他者との空間を共にすることに対して過剰に神経質になることなく、会話自体を楽しんだり、空気自体を楽しむ。 今は何をするにもままならない時間ではありますが、止まない雨はなく、明けない夜はありません。 昔、国語の教科書で『あの坂をのぼれば』という話がありました。「あの坂を登れば、海が見える」と繰り返しながら、山を登る。山の頂上についても、海が見えず、次の山が出てくる。何度も何度もあきらめようと思いながら、それでも這うようにして登る。ついにある山を登ったときに広大な海が見えるという話です。 私も過去、何度もつらい時がありましたが、国語のこの話は大好きで、今も強く心に残っております。つらい時期、我慢の時期が続いていますが、人間の叡智や対応力は素晴らしく、必ず克服できるものだと思います。 その時、当たり前だった生活が何倍にも幸せに感じるはずです!その時まで、どうぞ皆さま平穏な暮らしが続きますことを願っております。